飲食業界の転職サイトはどこがオススメ?厳選3社を一挙解説!

「転職したい、でも何から始めれば?」
「転職サイトはいっぱいあるけど、オススメはどこなんだろう?」

そんな飲食店への転職を考えている方に向けて、「転職エージェントの活用方法&おすすめサイト」を一挙紹介します。

転職する時の注意点も解説していますので、参考にして進めてくださいね。

【本記事を読むメリット】
・おすすめの転職サイトが分かる
・転職エージェント/転職サイトの活用方法が分かる
・転職の際に気を付けるべきことが分かる

飲食業界への転職はエージェントの利用を推奨

飲食業界への転職は、「転職エージェントの利用」が最もオススメ

理由は端的に、「転職サイトから応募するより採用率が高い」からです。
転職エージェントは、担当のコンサルタントが就職までサポートしてくれます。

【転職エージェントの利用メリットは7つ!】

Noメリット概要
1エージェント利用は無料転職エージェント側は提携企業から報酬を得るため、求職者の費用負担はゼロ
2給与等、労働条件の調整を行ってくれる自分に変わり、企業側と条件交渉を代行してくれる
3独占求人等、非公開案件がある転職エージェントが独占している、「一般公開されていない求人」と出会うチャンスがあります。
4転職者一人一人に合わせた提案企業側に合う人材を提案することが仕事のため、求職者に対して適切な企業を紹介してくれます。
5各種相談に応じてくれる転職タイミング、労働条件、その他不安に思うことを転職のプロに相談できます。
6書類選考、面接合格率が上がる一般応募と異なり、転職エージェントからの提案は書類選考や面接通過率を引き上げてくれます。推薦状を作成する媒体もあり、効率的な転職活動が可能です。
7履歴書・職務経歴書・面接指導などがサポートされる各種提出書類や面接など、プロにアドバイスや相談が可能です。

上記表のように、転職エージェントの利用によって効率的な転職活動が可能です。

特に独占案件は、転職エージェント毎に変わってくるので、複数サイト登録することをオススメします。

次に、「転職サイト」と「転職エージェント」の違いについてご説明します。

転職サイト・転職エージェントの違いとは?

どちらも転職情報・求人情報を掲載していることはに変わりはありませんが、両者には大きな違いがあります。

転職サイトと転職エージェントの主な違いは下記です。

【転職サイト・転職エージェントの違い】

項目転職サイト転職エージェント
1.求人数公開求人情報が多く、多種多様な求人情報がいつでも閲覧可能です。非公開案件が多く、一般公開されている求職情報が少ない。
2.サポート基本的にサポートはなく、主体性をもって転職活動に勤しむ必要があります。担当者による面談・案件紹介・転職サポート等、求職者側の負担が少なく効率的です。
3.手間いつでも自分の都合に合わせて利用可能です。面談などがある代わりに、企業探しを代行してくれる。

基本的に、自分で主体的に活動して転職するのが転職サイトであり、自分の代わりに転職先の提案や条件交渉等を行ってくれるのが転職エージェントという違いがあります。

求人数こそ圧倒的に転職サイトの方が多くありますが、転職エージェントは基本的に非公開案件を多く取り扱う為、一見すると少なく見えてしまいます。
その一方で、非公開案件ならではのポジション・給与などがある求人と出会えるのは魅力的です。

また、企業側に「適切な人材を探す」ことを依頼されている転職エージェントの方が、転職サイトからの応募より、企業にとって信頼性があると判断されるので、転職にとって有利に働くことになります。

おすすめの飲食転職エージェント3選

ここからは、プロが選ぶ飲食業界転職のおすすめサイトをご紹介します!

【紹介サイトまとめ】

比較項目cookbiz
(クックビズ)
itkH Agent
特徴・業界大手
・首都圏や政令指定都市中心
・上場企業の安心感
・面談日程/場所が柔軟
・首都圏中心
・飲食未経験OKの求人も多い
・ハイクラス求人中心
・関東圏中心
・入社お祝い金が最大30万円
書類添削
面接指導
面談時間平日10:00~20:00
(電話面談可)
平日土日11:00~21:00
(電話面談・出張面談可)
平日10:00~19:00

それぞれ、一つずつ見ていきましょう。

cookbiz(クックビズ)

cookbiz 公式サイトより引用
サービス名特徴書類添削面接指導面談時間
cookbiz
(クックビズ
)
・業界大手
・首都圏や政令指定都市中心
・上場企業の安心感
平日10:00~20:00
(電話面談可)

【cookbiz(クックビズ)の紹介】

クックビズは、飲食転職エージェントの中でも最大手とされる上場企業です。

手厚いサポートから求人案件数の多さは頭一つ抜けており、飲食業界の中でも知名度が高いサービスのため、書類選考や面接で優遇される可能性が高いというメリットも!

豊富な求人案件と出会うためにも、まずは登録しておきたい転職エージェントの一つです。

ただし、年齢制限が設けられており、20歳未満と50歳以上の登録はNGとなっています。

itk

itk公式サイトより引用
サービス名特徴書類添削面接指導面談時間
itk・面談日程/場所が柔軟
・首都圏中心
・飲食未経験OKの求人も多い
平日土日11:00~21:00
(電話面談・出張面談可)

【itkの紹介】

itkは未経験でも応募可能な求人が多く扱われており、飲食店特化にしては求人が豊富です。

こちらもクックビズ同様、飲食転職系のエージェントでは業界大手の一社になります。

面談時間の融通が利きやすく、土日にも対応しているため、面談を受けやすいと評判。
また、出張面接も承っているので、忙しい中でも転職活動を行いたい方からも支持がある人気の転職エージェントです。

公開案件数も豊富なクックビズと異なり、itkは非公開案件を主に取り扱っているため、転職希望者であればこちらも登録しておきたいエージェントの一つになるでしょう。

ただし、首都圏(主に東京)の求人が中心のため、クックビズと比較すると範囲がやや狭くなることは頭に入れておきましょう。

H Agent

H agent公式サイトより引用
サービス名特徴書類添削面接指導面談時間
H Agent・ハイクラス求人中心
・関東圏中心
・入社お祝い金が最大30万円
平日10:00~19:00

【H agentの紹介】

H agentは「年収500万円以上のハイクラス求人が続々!」がウリの転職エージェントです。

クックビズ・itkと比較すると規模が小さいサービスですが、ハイクラス求人特化に加え、独自の「給与アップ保証」等の手厚いサポートに注目が集まっています。

また、新興サービスということもあり、内定お祝い金3万円・就職お祝い金最大30万円と非常に大盤振る舞いなボーナス特典を展開しています。

クチコミの中には、「面接の日に営業部長さんが同行してくれた」との書き込みもあり、転職者に寄り添ったサービスのようです。

大手エージェントにはないフットワークの軽さ、独自の給与交渉代行等、新規参入企業だからこそ一生懸命にサポートしてくれるという魅力がありますね。

ただし、取り扱っている案件が主に東京の求人なので、関東圏全域で探す等の場合は規模が大きい媒体を推奨します。

転職する時に気を付けたい2つのこと

ここからは、実際に転職する際に気を付けたいことについてお話します。

転職活動の際に注意すべきは、「転職タイミング」と「希望条件を妥協しない」の2つです。

各事項について解説していきます。

1.「転職タイミング」

※画像引用「転職活動にはどれぐらいの期間がかかる?ケース別・転職活動スケジュール」より

「転職したいけど、タイミングはいつがいいのだろう?」と悩んでいる方も多くいますが、転職活動を行うのであれば、「企業在籍中」が一番おすすめです。

実際にリクナビNEXTで行われた転職者へのアンケートでも、「会社に在籍しながら転職活動した(63%)」となっており、「会社を退職してから転職活動をした(34%)」と、退職後に転職活動する方は全体の3割程度になっています。

転職期間が長引いた場合、その間は無職で収入が途絶えてしまうので、可能な限り安定した生活が送れる状態で転職することをオススメします。

後記に繋がりますが、余裕のない状態で転職活動をすると、本来の希望とは乖離した求人案件に妥協する可能性もあります。

転職活動をするなら、会社で働きつつ隙間時間で行いましょう。

そのためにも、転職エージェントの利用が最適です。

2.「転職先選びに妥協しない」

※画像引用:「WORK PORT「転職には“妥協”が必要だと思いますか?」より」

人材紹介の専門会社「WORK PORT」が行った転職サービス利用者アンケートによると、転職妥協が必要と答えた人が全体の8割という結果になりました。

しかし、筆者は転職先の妥協は一切お勧めしません。

転職とは本来、「あなたが企業を選び、希望の条件で働く」ために行うものです。
転職先を妥協するということは「企業側に選ばれる条件で働く」ということです。

企業の都合に合わせて転職を行うのべきなのか、よく考えて転職活動に踏み切るべきでしょう。

自分が納得して、その企業で働きたいと思える求人をしっかりと探し、後悔の無い転職活動を。